手間がかかりますが、責められません

先日、大手チェーン店の洋服店でボトムスを買いました。その時、裾上げをしてもらったのですが自宅に戻ってもう一度試着してみると長かったので少しだけですが丈直しをお願いしに行きました。そのお店はショッピングセンター内に入っているので裾上げしてもらっている間は食材の買い物へ行きました。時間が来たのでお店に向かうと店員さんが2人いて1人の店員さんが「すいません、糸をほどく時に穴が空いてしまったので同じ長さで今縫い直しています」と言われ10分ほど待って再度お店へ。

その後、仕上がっていたのでレジへ行くと対応してくれていた店員さんと丈直しをしていた店員さんが何やら話し込んでいます。何かな?と思っていたのですがこちらに向かってきて「サイズを間違えて丈直しをしてしまい、すみません」とのこと。もう一度縫い直すと言われましたが、時間がなかったこともあり別の日に取りに行く事にしました。何度か手違いがありこちらも手間はかかりますが、店員さんの青ざめた表情を見てとても責めるようなことは言えませんでした。自分がもし逆の立場だったらと考えるときっと間違えた店員さんは冷や汗ものだったでしょう。無駄になった2本のボトムスの存在もすごく気になりました。

カテゴリー: 出来事 タグ: , , パーマリンク